2007年05月07日

幻のノエルと呼ばれる「ブッシュ・ド・ノエル」



詳しくはこちら

上質のガーナ産カカオ豆をベースに、ピエールオリジナルのクーベルチュールを作り上げ、薪の形をしているブッシュ・ド・ノエル(buche de noel)を、一本一本丁寧に焼き上げています。
このケーキの名前は、フランス語でノエル=「クリスマス」、ビュッシュ=「木、丸太」で「クリスマスの薪」という意味があります。
すべてが手作りですので、大量に生産することができず
あっという間に売り切れてしまい、いつの間にか「幻のノエル」と呼ばれるようになりました。

詳しくはこちら

posted by could at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。